精神障害者手帳を申請・取得の手順

編集長の音無です。

精神障害者手帳(正式名称:精神障害者保健福祉手帳)は、一定の精神障がいがある人に対して、精神障がいの方の自立や社会参加をサポートするために交付されています。

等級は1級から3級まであり、日常生活への支障を考慮して判断されます。交付対象の疾患は以下の通りです。

交付対象の疾患

  • 統合失調症
  • 気分(感情)障害(うつ病、そううつ病)
  • 非定型精神病
  • てんかん
  • 中毒精神病
  • 器質性精神障害
  • 発達障害
  • その他の精神疾患

参考→精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準ー東京都福祉保健局

精神障害者手帳について詳しくは下のリンクをクリックしてください。

精神障害者手帳申請から交付までの流れ

それでは僕が精神障害者手帳を交付してもらうまでの流れを説明します。

 注意点

精神障害者手帳の申請には初診から6ヶ月以上経過する必要があります。

通院している病院、住んでいる自治体によって流れが異なる場合があります。

精神障害者手帳には2年毎の更新があります。

1.病院で診断書を書いてもらう

まず、主治医に診断書を書いてもらいます。診断書は指定の様式のもので、診断書の記入の過程で病院から生活状況の聞き取りがあります。

2.役所の担当窓口に行く

診断書をもらったらマイナンバー・診断書・証明写真・印鑑・身分証を持って役所の担当窓口にいきます。

そちらで申請書を書いて診断書と証明写真とともに提出します。

3.役所から通知が来たら受け取る

申請書類提出後、審査されて、等級が決まります。大体2〜3ヶ月ほどかかります。

申請から2〜3ヶ月ほどしたら、役所から手帳の交付が決定した旨が記載された通知が届くので、役所に出向いて手帳を受け取りに行きます。

まとめ

以上精神障害者手帳の申請から交付までの流れでした。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事