不登校時代を振り返って思う親にこうして欲しかった3選

音無です。子どもが不登校になると、保護者の方はなんとかしようと行動を移されるようになると思います。

実際に、このサイトをご覧になっている方の中にも、お子さんが不登校なんとかしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

親が心配してくれるのは嬉しい反面、返って負担になって辛くなってしまうことがあります

今回の記事では、自分の不登校時代を振り返って親にこうして欲しかったと思うことをまとめました。

最後までどうぞお付き合いください。

不登校経験者が親に望むこと

今回の記事では、親にこうして欲しかったと思うことを3つに分けました。

そっとしてほしい

これが一番です

それなりの負の理由で不登校になっているのに、親に『学校行け』『手伝いしろ』と言われるのは精神面で相当な負担になります。

子どもが心配だから声をかけてくれるのだと思いますが、できれば不登校になってしばらくはそっとしておいて欲しいです。

でもある程度体調が落ち着いてきたように思ったら、少しずつ声かけをしていって欲しいです。

急に選択肢を増やさないでほしい

不登校の子を受け入れる適応指導教室や、不登校受け入れ専門の学校を探す保護者の方もいらっしゃると思います。

そこに通うことによって、子どもが前向きになる可能性はありますが、急に『この学校どう』『あの施設見学行ってみよう』と、次々と子どもに選択肢を与えるのはちょっと・・・。

確かに不登校のまま停滞するよりはいいかもしれませんが、一度にたくさんの選択肢が与えられると返ってパンクしてしまうので、少しずつ、時間をかけて話をしていって欲しいです。

先生を呼ばないで

家族が焦って、学校の先生を家に呼んで面談、これはやめて欲しいです。

自分も経験があるのですが、ただでさえ学校に苦痛を感じて家にいるのに、学校関係者が家にいる状況はかなり辛いです。

そこで先生に『このまま社会でやっていけるのか』なんて言われたら・・・(実際にそれっぽいことを言われました)

とりあえず休む 




この子は社会でやっていけるだろうか

そんな風に子どものために焦りを感じてくれる全ての保護者の方に感謝します。

しかし、子どもも不安と焦りの日々を過ごしています。

筆者自身も、このまま社会に出てやっていけるのか、相当の不安を抱えて生活していました。

でも今は時々就労支援施設にお世話になったり、ブログを書いたり、興味のある分野について勉強する生活を送っています。

確かに不登校を経験して、その先に明るい未来があるとは限らない。

でも、とりあえず今は休みましょう。

大人だって、うつ病や自律神経失調症で長期休職するでしょう。不登校は充電(療養)と、次へのステップに移るための準備期間だと思います。

そして心身ともに回復したら、とりあえず家の手伝いから、そんなはじめの一歩でいいと、僕は思います。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事