医療費が軽減|自立支援(精神)の申請方法

僕は週に1回心療内科に通っていますが、毎週通っていると医療費が結構かかってしまいます。

そこで5月に自立支援を申請し、8月の初旬に受給者証が届いたので、それを病院に持って行ったら、かなり安くなりました

音無
自立支援で医療費が1割負担になるのは知ってるけど、なんか面倒くさそう

実際、自立支援に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、とりあえず僕の記事を読んでください。

自立支援を申請すると医療費が1640円も安く!

自立支援は、正式には自立支援医療制度(精神通院医療)といい、通院による精神医療が必要な人の医療費の負担を3割から1割に軽減してくれる制度です。

自立支援について詳しく

僕自身、週1回心療内科に通っていますが、今までは1回あたりの医療費が2460円かかっていました。

そこで、自立支援を市役所で申請したところ、医療費が1割負担になり、一回あたり820円でよくなりました。

計算すると、1640円もお得に!!

自立支援を申請するには、診断書を書いてもらう必要があり、3000円〜5000円ほどかかりますが、1ヶ月も通院すれば元が取れますね。

自立支援を申請する方法

自立支援を申請する場合、以下のものを準備して市役所の保健福祉系の部署に行きます。

必要なもの

  • 印鑑
  • 診断書(病院で書いてもらう、3000円〜5000円ほどかかる)
  • 世帯の所得がわかる書類(課税証明書など)
  • 保険証の写し
  • マイナンバーカードなど、個人番号がわかるもの(申請書を書くのに必要)
  • その他、自治体で別途必要な書類

市役所で申請書を記入して、診断書、世帯の所得がわかる書類、保険証の写しを提出します。

審査を受けて、市役所から受給者証が郵送されて来ます。

今後は病院に行くときに受給者証を提出することで、医療費が1割負担になります。

 注意点

自立支援は1年ごとに更新があります。有効期限が切れた自立支援は使えませんので必ず更新をするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は自立支援についてお伝えしました。精神科、心療内科に通っていると医療費がかさんで大変です。

このように、自治体の制度を使えば医療費を減らすことができるので、一度主治医の先生と相談してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事